So-net無料ブログ作成
検索選択
心に思うこと ブログトップ
前の5件 | -

モノローグ [心に思うこと]

125.jpg

最近テレビドラマを観るのが結構楽しみ
夜のドラマお気に入りが幾つかある
予約録画しておいて家事の合間に一人で見るのがいい

今日、雪掻きの合間に〝問題のあるレストラン”(第2回目)を観た
(主演の真木よう子さんが可愛くて好きなのだ~めっちゃタイプなのじゃ~( ̄‥ ̄)=3

ストーリーの詳しい説明は省略するが、主人公が友人に対して言った言葉(セリフ)が
心に響いて主人公の友人と一緒になって号泣してしまった


誰が
どんな時間が
どんな生活が
どんな言葉が
あなたをそう思わせたの


主人公の友人は専業主婦で
仕事を持った自立した女性の方が専業主婦より立場的には上だと思っていて
養ってもらうだけの自分のことをダメだとか不良品だとか思ってる

私も心のどこかで似たような気持ちを持っていた
だから主人公の言葉が痛いくらいに響いたんだ

劣等感とか無価値感とか そういうのはきっと多かれ少なかれみんな持ってるよね
でもそれは生まれた時から持ってたわけじゃない
そう思い込んでしまったきっかけとか出来事とかがあったはずだよね

どうしてそんな風に思ってしまうのだろう
どうしてそんな風に思い込んでしまったんだろう

その原因がずーっと心を縛り続けてる
そこに在るから なにかの折に触れる
心が痛むんだよね 辛くなったり苦しくなったりするんだよね

その原因が 小さい頃のことだったりすると記憶を遡って探すのは大変だし
考えたって解らないことだってある
それに 考えてるうちに時間はどんどん流れていっちゃう

今はただ そんな風に思ってたんだなって 気づいてるだけで
劣等感とか無価値感とか持ってる自分がいるんだなって
気づいてるだけでいいと思ってる


それに、そんな風に思い込めたんなら
違う風に思い込むことだって きっと出来るはずなんだ

今年はね 自分のほんとの気持ちがどうなのか? ってことを大事にしたい
自分の素直な気持ちを出すことで人に嫌な想いさせることがあったとしてもね
口喧嘩ぐらいしても良いのかも
いつも摩擦や争いを避けて無難な言葉と態度で本音は言わない
だから喧嘩なんてしたことない
それはそれで平和な感じがしてよい気もしてた
でもなにかちょっと違うなって気がする
今年は少し勇気を出してホントの気持ちを大事にしたい


 


nice!(9) 

ゆっくりと [心に思うこと]

098.jpg

信じて・・・

何を?

自分を

どうやって?

自分の事を好きになる
自分を愛する

簡単に出来るなら
悩まない

悩みながらも 少しずつ
カタツムリが ゆっくりと
葉っぱの上を這うような

それぐらいの速さと

雨どいを伝って

垂れる雨のしずくが
石をくぼませるぐらいの

気長さで

小さな生き物を見守るように
自分で自分を
育てていけばいいのだよね

ゆっくりと

039.jpg

生まれた日と
死んでいく日が
重なってから
もうすぐ四十九日です

明日から実家へ行ってきます



 


nice!(7)  コメント(4) 

いっぽ [心に思うこと]

014.jpg

 ずうっと 扉を閉めて 
心みつめて
語りかけて
話し合った
自分と

そろそろ

新しいベクトルで

手さぐりしながら
踏み出す

小さな一歩でも
何処へ向くか
分からない一歩でも

一歩

023.jpg

 あなたのために そこにある

見ようとすれば 

きっと

みえてくるんだよ

私には見えてなかった

決めつけて 見ようとしなかった

たとえ今

見えてなくても

見るんだ

という思いを誓う


nice!(9)  コメント(6) 

思いを寄せる [心に思うこと]

069.jpg

エネルギーについてあれこれ考えながら 最近は食に重きを置きながら
色々調べたり、試したり
それでさっきの日記にも書いたけど、アルジュナというアニメを観て思ったのは

不思議とも思わず、当たり前に受け入れて、考えようともしていなかったこと
どれだけ麻痺して暮らしているか改めて考えさせられた

自分の口に入るものが、どうやって何を使って作られているのか
多分知ってしまったら食べる気が削がれて 美味しいと感じる物を
美味しく食べられなくなるから、あえて見ないふりを私はして来た気がする

アニメの中のお爺さんの語りがとても深く心に残った
私は畑って耕すものだと思ってたけど
ひょっとしたらあまりにも常識過ぎて疑うこともしなかったことが
ほんとは間違っていたとしたら・・・・教えられてきたことが
全部とまでは言わなくても、間違いだったとしたら・・・って

なんか観終わったあとも、ずーっとそんな余韻が残るアニメだった

おかしな世の中なのに たぶん仕方ないという思いで
みんな耳も目も口も塞いでいる

ぼーーーーっと何を思うでもなく天井を眺めてたら
店でも出そうか・・・ (どっからそんな考えが出てくるんだよ・・・
そうだなぁ・・・思い切って銀座あたりに (マジか・・・
普通のお母さんが作る、普通に安心して食べられる、普通に美味しい料理・・・なんちゃって

資金ゼロ、関連知識ゼロ、調理師の免許すらナシ
あるのは主婦と言うスキルのみで考えるこのずうずうしさよ(言ったもん勝ち

まだまだ知りたいことが沢山ある、やってみたいことも
そのうちスプラウトを育ててみたい(ち・・・ちっさい・・・さっきの話と偉い違いだなオイ

明日から従妹を連れて実家に行ってくる
ずっと雨続きでコチュジャンを仕込めずにいる
帰ってきたらやってみよう


マヤ歴の還暦 [心に思うこと]

031.jpg

6月2日 

明日はお友達と会って、結婚祝いプレゼントを選んで
食事しながらお喋りして、幸せいっぱいに輝いてる人と楽しい時間を過ごす
以前書いたけど、マヤ歴の還暦の52歳は人生のリスタートにあたる年
私にとっては嬉しいスタートになると思ってた 6月3日は私の誕生日

夕方、そろそろ晩御飯のお魚を焼こうかと思ってた時
「義父危篤、一応喪服を持って行った方がいい」という電話
家の中のことを中途半端に放りだし、喪服と着替えを持って病院
間に合わないかと思ったら 心停止を繰り返しながら何時間も義父は頑張ってた

心停止、呼吸停止、モニターの数字が0になり
ピーーーーー
という音が鳴っても、1~2分すると“ぷは~っ”と息を吹き返すこと数時間
心臓が強いということらしい、先生がそうおっしゃっていた


日付が変わった6月3日午前0:01
まるで私の誕生日を見計らったごとく義父、テイクオフ・・・・
義父の亡骸のそばで、「お誕生日おめでとう」とか言われちゃって

マヤ歴の還暦52歳、人生のリスタート、・・・・が 義父の命日かーーーーーー!

それから葬儀屋に連絡して実家に義父を連れて帰り
仮通夜、お通夜、葬儀、不用品の整理遺品の整理なる断捨離、ハウスクリーニングから
初七日までの怒涛の7日間。。。。
2年ほど空き家になってた実家、複雑な事情があってここには書けないけど
風呂は壊れてる、お湯は出ない、トイレは水漏れしてる、あれがないこれがない
炊飯器まで持ち去られてる、荒れ放題の腐海の森のような実家を蘇らせ
初七日の法要を済ませて自宅に帰ってきました

疲れが出てきたのかな、昨日も今日もなんとなくぼけぼけーっとしてる
掃除洗濯冷蔵庫の整理、家事を夢遊病者のようにやりながら
気力の回復を待ってる
葬儀の後みんな帰って、残ったのは義兄夫婦と私の三人で
しんどかったな。。。。でも頑張ったなと思う
ホコリの進化系というか、こりゃーいったいなんなんだ?
押し入れやタンスの中なんてデッドゾーン、模様かと思ったらカビだったし
水キムチの乳酸菌3億どころか、ワケワカラン菌数千億吸い込んじゃったよ
私まで進化したらどーすんだ。。。。

まあ、そんな感じで私の52歳が始まりました
この一年がほんとーに人生のリスタートになるのか?
53歳の誕生日まで経過を見てみましょう
そんで、おーーーとかいう風に変化したら
みなさまも52歳を楽しみにお待ちくださいませ。。。なんちゃって


前の5件 | - 心に思うこと ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。